開催のお知らせ
 前期展示終了後には、展示品の入れ替えを行います。また、関連展示「縄文中期のヒスイ」(3月30日まで)、4月5日(水)〜5月7日(日)「縄文土器のフェイスtoフェイス」を開催します。

 まほろんでは、平成26年度から収蔵資料のAMS法を用いた放射性炭素年代測定及び炭素・窒素安定同位体比分析を行っています。
 今回の展示では、平成28年度に分析を行った縄文時代中期を中心としたまほろん収蔵資料について、その暦年代値、土器や石材などから読み取れる地域間交流や、炭化物の分析からわかる当時の食生活の一端について紹介します。
 法正尻遺跡出土土器(国指定重要文化財)をはじめとした、造形美あふれる縄文土器の姿も、今回の展示の大きな見どころです。

★チラシをダウンロードできます★→
(画像をクリック!!)

会 期

 (前期展示) 平成29年3月4日(土)〜3月30日(木)
 (後期展示) 平成29年4月5日(水)〜5月7日(日)

    ◎休館日 3月6日、13日、21日、27日・4月3日、10日、17日、24日

会 場

 まほろん特別展示室 (〒961-0835 福島県白河市白坂一里段86)

入場料
 無料
主な展示内容
その他
お知らせ


●関連文化財講演会
(会場:まほろん講堂)

「縄文時代中期の世界について」
 講師 塚本師也氏(公益財団法人とちぎ未来づくり財団)
 日時:平成29年4月23日(日)13:30〜15:30
 定員:先着60名(申込不要)

●ギャラリートーク(会場:まほろん特別展示室)

 ・3月11日(土)14:30〜 「縄文時代中期土器の年代」
 ・3月25日(土)14:30〜 「土器の底部圧痕からの復元」
 ・4月15日(土)14:30〜 「縄文時代中期のイエとムラ」
 ・4月29日(土)14:30〜 「楢葉町馬場前遺跡の調査成果」

お問い合せ先 福島県文化財センター白河館(まほろん)
  〒961−0835 福島県白河市白坂一里段86
  (TEL)0248−21−0700