開催のお知らせ

 ふくしま震災遺産保全プロジェクト実行委員会との共催展です。史実を伝え、史実の検証を可能とする「物的証拠」を保存する意義について考える企画展です。

★チラシをダウンロードできます★→
(画像をクリック!!)

会 期

 平成28年5月28日(土)〜7月3日(日)
    ◎会期中の休館日:【5月】30日  【6月】6日・13日・20日・27日

会 場

 福島県文化財センター白河館 まほろん

主な展示内容
関連企画 ●文化財講演会「震災遺産と文化財を考える」

 「震災遺産」を後世に伝える意義と、保存・活用の視点について考える講演会です。
 震災の物的証拠である「震災遺産」が、歴史の証人である「文化財」と同様の意味を持つことを再認識する機会となります。

  【日 時】 6月5日(日)13時〜16時
  【講 師】 高橋  満 氏 (福島県立博物館 主任学芸員)
         白井 哲哉 氏 (筑波大学図書館情報メディア系 教授)
  【場 所】 まほろん講堂
  【定 員】 60名 ※申し込みは不要です。
その他
お知らせ


●展示解説会


  【日 時】 5月28日(土) 11時30分〜
         6月5日(日) 16時00分〜 ※講演会終了後
         6月18日(土) 15時00分〜
         6月26日(日) 11時30分〜
         7月3日(日) 15時00分〜
  【場 所】 まほろん特別展示室


お問い合せ先 福島県文化財センター白河館(まほろん)
  〒961−0835 福島県白河市白坂一里段86
  (TEL)0248−21−0700